非定型うつの治療の現状【新しい治療法なども確立】

治療に前向きに

悩む女性

ゆっくり良くなる方法

人によって治療の期間や必要な薬が異なる、それもまた非定型うつの特徴です。症状の現れ方も異なりますし、原因も三者三様ですが、それを探るために病院に通わなければならないのは共通点と言えます。基本的には心療内科やメンタルヘルスクリニックでの治療を中心に、薬の処方や認知行動療法などでのケアを続けていくことになるでしょう。その際にかかる費用ですが、特別な費用はなく、一般的な病院での治療と変わりませんから、およそ1回あたり1,000円〜3,000円ほどと考えれば良いでしょう。診察料と薬の処方にかかる費用の合計で、薬の種類によっては1,000〜2,000円ほど金額が高くなる可能性もあります。ちなみに認知行動療法やカウンセリングなどを行うと、1回あたり5,000円〜20,000円ほどの費用がかかるでしょう。これも病院によって料金設定が異なりますし、非定型うつの進行度合いによって、カウンセリングが必要な回数も変わってきます。1ヶ月に1回程度で良い場合もあれば、半年に1度というペースになることもあるため、あまりお金をかけられない場合には、その旨を病院で相談した上で回数を調整しても良いでしょう。お金についての相談は恥ずかしいことではなく、病院ではよくあることですから、ためらわずに月の予算や希望金額などをハッキリ伝えてみてはいかがでしょうか。どんな病気にも言えることですが、治療の際には通院がストレスにならないように気をつける必要があります。家や職場から遠かったり、なかなか予約が取れないような場合には、通院そのものが億劫になってしまい、治療が完了しない可能性があるからです。非定型うつのように、コンスタントに通い続ける必要がある病気には特に言えることでしょう。病院を選ぶときには、最寄り駅からの距離や交通費、また休診日などをチェックした上で、自分が通いたいタイミングで通えるかどうかをまず見るべきです。また、予約の取りやすさや予約変更が簡単かどうかも大切なポイントで、ネット予約ページや電話窓口がある病院を選んでおくと良いでしょう。ちなみに、薬の処方が行われる可能性も考えて、近くに薬局やドラッグストアがあるかどうかも見ておきたい部分です。もちろんこうした条件も大切ですが、病院の雰囲気も通い続けるためには見逃せない要素の1つ。受付の感じがよいか、自分の疑問や質問に答えてくれるかどうか、こうした部分も見ておきましょう。安心して通える、信頼できる医者がいるかどうかも非定型うつの治療には欠かせませんから、自分が信用できる病院だと判断した所が自分にとって一番良い病院だと考えて病院探しをしてみると良いかもしれません。

Copyright© 2018 非定型うつの治療の現状【新しい治療法なども確立】 All Rights Reserved.